私は日本企業から外資系企業に転職したので、転職後はじめて給与明細をみたとき、基本給と交通費のみが月給という給料の構造に、外資系って愛情がないなと感じました。しかし色々な会社で働いてみると、基本給が多いほうが良いなと思うようになっています。今回は私の経験から、給料に関するいくつかの見方を紹介します。

手当がない?

日本企業で働いているときには、給与明細上に様々な手当がありました。通勤手当、残業手当、家族手当、住宅手当、転勤手当などがその代表的なものでしょうか?しかし外資系に転職したとき、通勤手当以外は基本給という状況で、外資系はシビアだなと感じました。しかし会社の仕組みが分かってくると、手当で給与を水増ししてくれるよりも、基本給で支払ってもらったほうが有利だなと理解するようになりました。これを考えるには以下3つのポイントが重要になります。

1. 賞与と退職金
賞与や退職金を計算する際、多くの企業では基本給をベースとして計算しており、生涯賃金にも差が出てきます。
賞与の場合には、「基本給×〇か月分」や「基本給×業績」となるため、基本給が多いと賞与の支給額が多くなります。退職金の計算方法は各企業の規定にもよりますが、「退職時の基本給(算定基礎額)×勤続年数ごとの係数×退職事由別の支給率」としている場合もあり、その場合には基本給が多い方が退職金額は多くなります。
2. 課税額や社会保険料
手当は、基本給と同様に税金や社会保険料算定に含まれるので、従業員にとって削減メリットはありません。
所得税の対象となる給与には、各種手当も含まれます。健康保険、介護保険、厚生年金保険については標準報酬月額によって、雇用保険、労災保険は月々の報酬によって決まり、報酬に含まれるものの範囲は、各種手当を含めて支払いを受けたほぼ全てとなります。
3. 手当の変更の可能性

基本給は会社の都合で下げることはできません。労働契約法にも、労働条件は契約当事者の合意によるため、その変更も当事者の合意によるものとされています。会社の運営が危ぶまれる場合でもなければ基本給を下げることは難しいでしょう。しかし手当は、支給対象が変わったり、算定方式を見直したといった変更理由をつくりやすいため、基本給と比較すると変更しやすいと言われています。ストレートに言うと手当を多くしておいたほうが、賃金の引き下げは行いやすいのです。

つまり企業にとっては、基本給の割合が少ない方が、従業員の身分保障を薄くして企業に有利に改変できる範囲が広く、賞与、残業代、退職金も少なく抑えることができるということです。月給に占める基本給の高い会社、低い会社、普段意識していなくても、将来にわたり大きな影響が出ることを知っておくと良いと思います。

管理職になるメリット?

前の項目にも続きますが、一般職と管理職の大きな違いは基本給の違いです。
給与計算の基準は各社で異なるため、「残業代が付かなくなる」等の理由で、管理職昇格直後に給与が下がると悩む管理職や管理職候補の方も居ると思います。しかし昇進直後に給料が下がったとしても、昇給ペースは管理職の方が上です。(基本給が高いほうが、昇給のパーセンテージが同じでもアップ額は高いため)また賞与や退職金も、基本給をベースに計算するために、より大きくなっていきます。管理職になって基本給をアップさせるのは、会社が管理職のあなたに、これから多くの支払いをするという約束なのです。
基本給がアップするインパクトの大きさを是非とも理解してください。

そして株式?

最近人材争奪競争をしている企業は、仕事の報酬は現金だけでなく株式でも支払われるようになっています。例えばGAFA, Salesforce.comのような外資系企業、日本企業ではメルカリ、楽天、ヤフージャパンでもRSU(Restricted Stock Unit、譲渡制限付き株式)と呼ばれる方法で実際に株が支給されるようになっています。

RSUは入社時に年俸の一部として付与され、また入社後は賞与の一部としても付与されます。例えば、ターゲット年収1000万円(基本給900万円、賞与100万円)にRSU100万円相当を足して、約1100万円というような提示をされるケースがあります。RSUの支給の仕方のイメージは以下のようになります。

  • RSUを売却できるのは概ね入社後3-4年目以降
  • RSUを支給する多くの企業で、オファー時に提示されるターゲット年収(現金)は、現状水準を維持または、現状からアップするのでRSU分は年収純増
  • 提示されるターゲット年収にRSUは含まれないが、入社時にRSUが出る会社は、賞与に現金に加えRSUを支給

RSUは、激しい人材獲得競争の中で給与を魅力を高めるのに使われます。また賞与で支払われる現金がShort Term Incentiveと呼ばれるのに対し、入社時と賞与で配分されるRSUは、長い期間会社に貢献することで現金化できるので、Long Term Incentiveと呼ばれることもあります。

また付与される株式ですが、株価が上下することにより、付与された時の価値が100万円だったのが、300万円や500万円になったり、50万円になったりもします。この株価変動により社員が会社の業績について、株主的視点を持つようになるという効果も期待されています。RSUが付与される職責は企業によって違い、一般職から支給される会社もあれば、管理職、または部長職になってから支給されるケースもあります。

今回の話は私が実際に経験して理解した、社員の目線で有利な給与です。他にももっと良い話があるかも知れませんが、私は残念ながら知りません。ただこれだけの情報でも知っているのと知らないのでは大違いだと思います。たとえばあなたの職責でもRSUが出る会社を探して入ろうとするのと、そもそもRSUという仕組みを知らないというのでは、転職活動に大きな違いが生まれてきます。是非ともあなたの情報収集を成功させ、キャリア構築や転職に臨み、給与の面でも更に幸せに近づいてもらえるとうれしいです。

おすすめの記事