Linkedinは、他人の履歴書の簡易版を見ることができるSNSです。「今すぐ転職したい人」「転職を考えるかも知れない人」「今仕事が盤石な人」など全ての人が活用して、同じ業界や職種の人がどのような会社に転職しているのかを知ったり、若い人がメディアに取り上げられない兄貴、姉貴のような人のキャリアを知ることができるSNSとして是非とも使うべきだと考えます。今回はそれに加えて転職活動に関する使い方をご紹介しようと思います。

Global企業への転職に使えるLinkedin

以前のエントリで、LinkedinというSNS(Social Network Service)を使って、キャリアを考えるために活用することを紹介しました。
LinkedInは、ビジネス上の知人と繋がったり、エージェントとのネットワークを広げたり、企業の人事部のリクルーターからLinkedinユーザーに直接コンタクトされることもあるSNSです。
一方でFacebookの日本のユーザーが3,000万人程度らしいですが、Likedinは200万人程度ということで、日本での利用者数はまだまだという状況で、皆さんがご存知なくても不思議はありません。

ただGoogleやApple, Amazon, Salesforce.comのような優良企業は採用にLinkedinを使っているそうですし、またいわゆるGlobal企業が顧客の転職エージェントも、Linkedinを活用しています。また近年、転職エージェントに勤務していた人が、Global企業の人事部に移り、Talent acquisitionとかリクルーターというようなポジション名で、直接候補者にコンタクトして入社のお誘いをする役割を設ける会社が増えています。実際私も何社か企業から直接コンタクトをしてもらい、面接を受けたことがあります。
以前紹介したように、自分のキャリアを考えるモデルケースになるような人の業務の変遷を見るのにも使えるし、更にエージェントや企業からスカウトを受けることもあるようなSNSだとすれば、Linkedinを活用しないのはもったいないです。

Linkedinの具体な活用方法

1. LinkedInに登録する

  • お好みで設定言語を日本語に変更する
  • データを登録する(Global企業への転職を考える場合は英語で入力必須)
  • 自分が所属した部署やポジション、自分の持っているスキルを記入する(可能なら英語で)
  • 職務経歴書並みに細かい経験を入れる必要はない(もちろん入れても良い)

2. プライバシーと求職状況の設定する

  • プライバシー設定を行う
  • 自分のデータを入力した後、求職状況設定を行う(求人アラートを作成した場合に、その企業の採用担当者に求職中と表示、または、求職中と表示しないのいずれかを選ぶことができる)

3. 職務サマリ、経歴やスキルを適切に見直す

  • 定期的に自分が何のキーワードで検索されているか把握する
  • 職務サマリに適切なキーワードを反映する(英語で職務を書いておくと、Linkedinが勝手にサマリを生成してくれます。そのサマリを磨いていくイメージ)
  • スキルも適切に追加する
  • 推薦文を書いてもらう

4. ネットワークを広げる

  • 知り合いがLinkedinを使っているか確認し、場合によっては繋がる
  • エージェントからの知り合い申請依頼を承諾する
  • ただしエージェントとのネットワークが広がっても仕事紹介を期待しない(エージェントは案件を持っている場合、繋がっていても繋がっていなくてもダイレクトメッセージがくる)

5. ロールモデルになるような人物を探したり、転職するためのスペックを理解する

  • 業界の有名人や気になる企業の経営者の経歴を見て、自分の将来のモデルになるような人を探す
  • 自分と関連する業界や応募してみたい企業の求人をよく見てみる。見るポイントは、応募者が持つべき必須条件や歓迎条件、給与レンジ等
  • 将来の自分の姿を想像する

6. 応募してみる

  • 実際にエージェントが出している案件や、企業に応募することも可能※
  • スカウトが来たら対応してみる※2

※: Linkedin経由での応募ってどうなるの?という疑問があるかも知れませんが、Applyや応募ボタンを押すだけです。その後の設定は企業によって違いますが、Linkedinの簡易応募機能を使うケース、応募会社のシステム(Workday等)に移動し、そこで応募情報を入力して提出するケース等様々です。最終的にSubmitや提出というボタンを押さなければ、勝手に応募してしまっているというような状況は発生しません
※2: 転職の緊急度が高くないときでも、企業からの直接のスカウトや、エージェントからのコンタクトが突然届いたりすることがあります。受け身の姿勢でも、生きた情報が入ってくるのがLinkedinのメリットです

さあ登録してみましょう

企業はLinkedinで広報活動や採用活動を行っており、効率的に情報収集が可能です。またいざとなったらアカウントの削除も簡単です。Linkedinはキャリア構築の窓の一つだと私は思っています。あなたが一歩を踏み出すのを応援しています。

おすすめの記事