仕事が盤石な人は「今転職すべきか」などと考えることはありません。しかし将来就きたいポジションや、もらいたい給料を実現するための作戦を練るのは、むしろ仕事が盤石な時です。「仕事が盤石な時」に転職活動をするメリットは、自分の市場価値や強み・弱みを客観的に判断しやすく、転職市場に出ている案件の中で本当に良いものだけ応募すれば良いので自分を安売りする必要がないなど、数えきれません。しかし実際に仕事が盤石な時に転職活動を行うことは、言うは易し、行うは難しです。このようなときに最小限の労力で転職活動を始める方法をまとめました。参考になれば幸いです。

「仕事が盤石」という時の転職の向き合い方

あなたがこの文章を読んでいただいているということは、特に今急いで転職を考えていないはずです。多くの人は仕事を前向きにこなし、働いている会社やチームに貢献しようと頑張っているはずです。そのような時に一番優先すべきは、その会社で、市場価値の高い、大きな仕事を任され、結果的に昇進していくことです。しかし同時に仕事がうまく行っている時こそ、自分の市場価値を人材市場で知り、社外で大きなチャンスを掴む活動をしてみるという視野や視座を持っても良いと思います。場合によっては自分で想像していなかったような大きなチャンスが舞い込むかも知れません。

仕事が盤石という時の転職サイトと転職エージェントについて

仕事が盤石という時は、転職サイトで人材市場の動向を把握し、世の中にはどのようなポジションや給与レンジがあるかなどを把握するなど、転職サイトを積極的に活用することになると思います。そして転職エージェントとは転職市場の動向を知り、良い機会があれば応募するという関わり方になると思います。転職サイトと転職エージェントとのかかわり方を以下にまとめます。

転職サイト

転職サイトの活用方法は主に2つです。

  • 求人を探し、応募から面接までを進めていくサービス
  • 転職サイトに登録することで企業やエージェントからスカウトを受けるサービス

「仕事は盤石」、「転職はオプション」という時期は求人を探し、人材市場を把握するのに使います。またスカウトを受けエージェントと知り合うという機能も併せて使い、相性の良いエージェントと出会うのにも使います。

転職エージェント

転職エージェントは、キャリアコンサルタントが求人を紹介してくれるサービスです。自分で求人を探して内定を取るのではなく、転職エージェントがおすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、待遇などの条件交渉までサポートしてくれますので、転職をする上で一番のパートナーになります。転職エージェントとの繋がりを築く方法ですが、代表的なものは以下3つです。

  • 転職サイトでスカウトを受ける
  • エージェントに直接応募する
  • 転職活動をした人に良いコンサルタントを紹介してもらう

転職はオプションという時期のエージェントの出会い方は、転職サイトでスカウトを受けるのと、厳選したエージェントに自分から登録することが中心になります。転職活動をした人から色々な話を聞くのはとても良いですが、具体的なコンサルタントの紹介は、転職活動をするときに紹介をお願いするくらいにとどめておくのが良いでしょう。というのも、転職エージェントは積極的な転職フラグを立てて3か月~6カ月くらいの間が案件を紹介してくれる時期です。転職のモチベーションが高くない時期に素晴らしいエージェントに出会うのはもったいない可能性があります。

以下では私が活用した転職エージェントと転職サイトをご紹介します。

仕事が盤石の時の転職エージェント

私が紹介するエージェントは、そのエージェントしか持たない非公開案件を多く持ち、また応募者のサポートが強力な会社です。「仕事が盤石」で「転職はオプション」という時期でも、自分が想像していなかった様な案件の紹介を受けてみてください。

JACリクルートメント

Agent_JAC
JACはすぐの転職意向がなくても、マーケットの情報から提供するという姿勢を持っています。管理職や経営者層の転職活動には、そもそも案件数が比較的少ないので、転職エージェントと長期的な関係を築き、良い案件を長い時間をかけて待つことが重要になります。JACは業界専門で組織を構築し、一人一人のコンサルタントの経験も豊富で、応募者側の事情も理解してくれ、情報交換や転職活動を応援してくれます。JACは東証一部に上場している大企業であり、企業側からの信頼も厚く、企業が人材募集をかけるとき、人材紹介を依頼する優先順位の高い企業の一つになっています。応募者から見て適切な規模のエージェントで、企業側から見てもかなり信頼できるエージェントで、独占案件を含む案件が数が多いという観点から、管理職、経営者層の転職活動において一番最初に関係を持つべきエージェントです。

仕事が盤石の時の転職サイト

私の転職サイトの活用の仕方は、主に転職エージェントとの出会い(スカウトを受ける)ことに活用していました。

キャリアカーバー


キャリアカーバーはリクルートエージェントが運営している転職サイトです。
サイトに登録すると、エージェントが応募者の経歴をチェックして、コンタクトしてきてくれますので、基本的に待つだけで案件を紹介してもらえます。エージェントが持っている案件にあなたがフィットすると判断した上で、スカウトしてきてくれるので、ここで出会う転職エージェントの案件は比較的高い頻度で企業の応募に繋がります。
キャリアカーバーは、スカウトを受けるのも、案件を検索するのも完全に無料ですので、管理職、経営層の方は必ず登録すべき転職サイトです。

今回は私がお世話になっている転職サイトと転職エージェントのご紹介をしました。皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめの記事