あなたが転職活動を行うにあたって接点を持つのは、転職サイト、転職エージェント、そして募集企業です。これらを活用して実際に素晴らしいサポートをしてもらうと、あなたは恩義を感じて遠慮をするようなことがあるかも知れません(若い頃の私は遠慮がありました)。しかし転職活動はあなたが主役ですので、遠慮は不要です。今回は転職活動で活用するサービスのビジネスモデルを理解することで、あなたが不必要な思い込みから解放され、自分らしく転職活動ができるよう私の知識や経験をまとめました。

転職サイトのビジネスモデルは?

募集企業は転職サイトで求人をかけるのに、求人掲載費を支払う必要があります。
たとえばマイナビでは1案件案件を掲載するのに、4週間で20万円~120万円支払う必要があります。
その他の転職サイトも似たようなビジネスモデルを採用しており、転職サイトのビジネスモデルが、求人掲載費を企業から徴収するこにより成り立っています。
私がたびたび話題に取り上げるLinkedinは、利用者が求人をクリックするごとに費用が発生するという、検索広告の成功報酬型に近いモデルを採用しているようです。

転職エージェントのビジネスモデルは?

転職エージェントの仕事は、正しくは「有料職業紹介事業」という、厚生労働省より許可を得た事業者が行えるビジネスです。有料という文言が入ると、応募者もお金を払う必要があるように想像するかも知れませんが、応募者はお金を支払うことはありません。転職エージェントは、人材を募集している企業に人材が入社したときに、その企業から紹介料として報酬を得ることになっており、その相場は転職者がもらったオファー年収の30%程度と言われています。

募集企業の意図は?

募集企業から見た時に、転職サイト、転職エージェント、それぞれにメリット・デメリットがあります。
例えばブランド力のある企業が転職サイトを利用する場合、沢山の応募があるかも知れませんが、社内では応募者の評価をしたり、スケジュール調整をする手間が発生します。一方でブランド力の無い企業が転職サイトを利用しても応募者が集まらず、求人掲載料が無駄になる可能性があります。
ブランド力のある企業が転職エージェントを利用する場合は、エージェントに候補者をある程度絞って推薦してもらえることを考えると、エージェントに支払う成功報酬と、転職サイトを活用した場合の求人掲載費用と処理にかかる人件費を比較して転職エージェントのほうが費用対効果が高いと判断している可能性もあります。またブランド力のない企業は良い人材を獲得するという目的を果たすために、転職エージェントの人材発掘力を活用したいという意図があると考えられます。

私が何を言いたいのかというと、募集企業は良い人材を採用することを一番の目的としており、採用コストは人件費も含めてトータルで判断しているので、応募者は募集企業の人材採用に関する総コストを理解できないということです。ですから応募者側は、転職サイトのほうが企業側にとって採用コストが下がるのではないか?等を考え、転職サイトを利用しようかな?と考えるよりも、転職サイトも転職エージェントも自分にとってベストの組み合わせで活用するのが大切です。

応募者側のメリットを最大化することが大切です

応募者側は転職サイト、転職エージェントのそれぞれのメリットを深く理解してください。まず応募者にとっての転職サイトのメリットは、

  • 転職の緊急度に関係なく利用ができる
  • 自分の意志に基づき、多様な案件を検索できる
  • 業界や職種、企業の研究ができる(求められるスキルや年収等)

ではないでしょうか。そして応募者にとっての転職エージェント活用のメリットは、

  • 非公開の案件も含め、自分が気づかなかった案件を紹介してくれる
  • エージェントは募集企業と直接交流しており、公開情報以外の情報も共有してくれる
  • 面接等のサポートをしてくれる
  • 内定が出た場合雇用条件を交渉してくれる

などがあります。これらのメリットを意識しながら、転職サイトと転職エージェントを使いこなしていけると、キャリア構築や転職活動の実りが大きくなると考えます。また転職サイトや転職エージェントも、それぞれ複数活用すると、更に自分に合ったものが見つかるはずです。キャリア構築も転職もあなたが主役ですので、遠慮などせずに進めるべきというのが、私のメッセージです。参考にしていただければ光栄です。

おすすめの記事